謙虚で優しい微笑みを絶やさない女性が、猫への慈愛を写真展に込めた。
満足に食餌をとることさえままならず常に逃げ隠れして生きるしかない野良猫という命。
殺処分機に送られる猫。
暖かい家庭に迎え入れられて大切な家族として暮らせるようになった猫。
その全てに人間が関わっている。
人間の意識を変えていけたら、と私も思う。

ご本人によるまとめレポートをリンクします。

写真展『命の境界線』まとめ① 2018年9/22〜24@プラザノース保護猫カフェねこかつ大宮日進店主催   『預かり』ねこたちとの日々   (画像も)

広告